介護用アイテムと制度

Health care

介護用エプロンの種類と価格

高齢者がこれからも増え続けていく日本の社会では、介護施設や高齢者住宅などの施設の需要もますます高まることが予想されます。そして、そういった施設で介護やお世話をする側には機能的な介護用エプロンが必要とされます。入浴介助時は防水タイプの介護用エプロンがあります。通常の介護時はポケットが多いものや、色も豊富で花柄や水玉模様のものもあります。価格は安いものでは五百円位から三千円位が多く、防水タイプのものは二千円前後から五千円位で購入できます。 また、介護される方が使うお食事用の介護用エプロンもガーゼタイプや撥水タイプ、大きいタイプやかわいい絵柄がついたものもあります。お食事用の介護用エプロンも安いものでは数百円から三千円位の価格帯のものが多いようです。

介護保険制度の導入による介護用品の進歩

高齢化社会の到来を見越して1990年代後半から導入準備が始まり、2000年から介護保険制度は施行されました。そして、介護認定の度合いに応じてベッドや簡易トイレなどの介護用品のレンタルや、デイサービスの利用などが少ない負担でできるようになりました。また、部屋やトイレ、お風呂場などに手すりをつけたりするような介護に必要なリフォームに使える場合もあります。 数年ごとに行われる制度の見直しによって認定の基準や使えるサービスの内容も変わることがありますが、介護保険制度が開始されてから介護用品の種類が増えたり、進歩してきたことは間違いありません。 これからも続く高齢化社会に、介護する側にもされる側にも優しい介護用品が増えていくことが望まれます。